老子道徳経④の説明" /> 老子道徳経④の説明 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

老子道徳経④の説明

2013年4月4日

第三十一章

武器は、人々によって蔑視される不吉な前兆をもった道具である。

だから、「道」を有した人はそれを身におかない。

武器は不吉な前兆をもった道具である。

避けることができない時だけ、それを使用する。

たとえ、戦闘にあたっても、冷静で冷淡であるのがよい。

たとえ、戦争に勝ったとしても、光栄とすべきではない。

光栄とは、人を殺害するのを楽しむことを意味するからだ。

人々を殺害するのを楽しむような人は、天下で成功しない。

 

第三十二章

「道」は実在的であるが名がない。

もともと区別がなく目にみえないものである。

けれども、天下にそれを支配できるものは何もない。

もしも統治者や君主がそれにとどまれば、天下の万物は当然、彼らに従うだろう。

そして、天と地は統一され、平和の露を降らせるだろう。

命令されなくとも、人々は自ら調和するだろう。

区別が始まると名前ができる。

名前ができるとどこにとどまるかを知るべきである。

とどまるところを知れば、決して消耗されない。

世の中で「道」にとどまるということは、河や海に注ぐ谷川と同じである。

 

第三十三章

他人を知るものが智のある人であり、自己を知るものが目覚めた人である。

他人を負かすには力がいる。

満足することが富んでいることであって、

力をもって行うものが大志を抱くことになる。

源を保持するものが永続し、死んでも失っていないものが永遠に生きるのである。

 

第三十四章

大いなる「道」はすべて普及する。

そして、あちらへ、こちらへと行く。

万物はそこにとどまり、成長する。

そして、そこから閉め出されるものは何もない。

仕事を完成しても功績を求めない。

万物を養っても支配することはない。

意図をもたないから小さなものと呼ばれ、

万物がそれに向かっていても、それらを所有しないから、

大いなるものと呼ばれる。

だから、賢人は偉大になろうとしない。

ここから、その偉大さが達成されるのである。

 

第三十五章

大いなる象をつかんで天下を扱うと、どこに行っても何の害にもあわない。

天下を穏やかに、静かに、そして平和にするのである。

音楽やおいしい匂いは通行人を魅惑し、しばらく立ちどまらせる。

「道」の味は淡泊で味がない。

それを見ようとしてもよく見えず、それを聞こうとしてもよく聞こえない。

だが、それは用いても使い尽くせないものである。

 

第三十六章

凝縮しようと思えば、まず分散しておかなければならない。

気を弱めようと思えば、まず強めておかなければならない。

衰えさせようと思えば、まず勢いよくさせておかなければならない。

獲得しようを思えば、まず与えておかなければらならい。

これは見えない光と呼ばれる。

柔らかいものは剛いものに勝ち、弱いものは強いものに勝つ。

魚が池の深いところにいるように、

国家最高の武器は見えないようにしておくのがよい。

 

第三十七章

「道」は実在し、何事もしない。

だが、それによって為されるということはない。

もし統治者がそこにとどまるならば、あるゆるものは自然に変わるだろう。

もし変わる過程で意図があらわあれるならば、

名前のないもともとの非区別によって抑制するべきである。

名前のないもともとの非区別を経験すれば、意図のない状態があらわれる。

意図がなくなれば静かになり、天下は自然に安らかになるであろう。

 

第三十八章

徳の高い人は徳を自慢しない。

だから、徳がある。

低い徳の人は徳にこだわる。

だから、徳がない。

高い徳の人は何の行動もしないが、何事も為されなかったということはない。

低い徳の人は行動するが、故意になされる。

高い仁愛の人は行動するが、動機をもってするのではない。

高い道義の人は行動するが、動機をもってするのである。

最も礼儀のある人は行動するが、誰もそれに従わず、

それで、袖をまくり、相手を引っぱろうとする。

だから、「道」が失われると徳がそこにあり、

徳が失われると、仁愛がそこにある。

仁愛が失われたのちに道義がきて、道義が失われたのちに礼儀がくる。

礼儀は信義を欠くことで、無秩序の第一歩となる。

予期された知識は「道」の外見であり、愚行の始まりである。

ここから、偉大な人は真実を選びとり、外見をとらないのである。

彼は真実によって行動し、外見によっては行動しない。

このように、彼は「道」のはたらきに従い、外見を見合わせるのである。

 

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします