太極拳練習後の気持ち良さ?" /> 太極拳練習後の気持ち良さ? | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

太極拳練習後の気持ち良さ?

2013年5月23日

 太極拳は色々な流派によって練習後の気持ち良さが若干違うことは数人の先生との交流で分かりました。太極拳は哲学的な養生術で人がそれぞれ微妙に違う体質を持っている関係とそれぞれの流派で動きが若干違うことで練習後の体の感じ方も当然のように微妙に違います。
 先生達の太極拳練習後の体験談:
 孫剣雲師:体の全体が気持ちいい膨らみを感じ、関節は滞りなく、動きが軽くなる・・・。
 赫少如師:常に開合を行うことにより体全体が軽くなり、歩きは速くなる・・・。
 楊振鐸師:筋骨皮とのプロセスで修練していけば、体内の様々な機能が上がっていると実感出来る・・・。
 陳少旺師:発勁時に力まず虚領頂勁と含胸拔背を保つことによって一番柔らかくなりにくい背中が柔らかくなる・・・。
 王西安師:正確な角度と一つひとつの動きが所定の位置迄きちんと至ることで開合の幅が広がり、体の閉じている部分をも鍛えられる・・・。
 呉英華師:小さい時からかなり低い型で呉式を修練してきたが、父は私の対して「下勢」や「海底針」などを殆ど地面に座るほどの厳しさがあった。そのお陰で子供の時からの先天性心臓病がなんとか抑えている。すべて太極拳のお陰だ・・・。
 馬岳梁師:太極拳は決して神秘的なものではないが、難しいのが続けることだけだ。数十年の太極拳修練で何かの用事で太極拳の練習が出来ないと何となく落ち着かなくなる。生活の中でもすべての動きが太極的であり、ゆっくり散歩していても体内部が太極的な動きで行われている。太極拳修練後は体幹が無くなっているのではないかという軽さで・・・。
 皆様、どうですか、似たような体感がありますでしょうか?

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです