太極にはストレスがいらない" /> 太極にはストレスがいらない | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

太極にはストレスがいらない

2014年1月5日

このような話しは日常の太極拳教学の時に常に話しております。近頃では研究会の色々な方とり「太極勁」の修練に必要なものについての問い合わせが多く、私はいつものようにストレスを少なくすることに言及しています。少なくとも普段のストレスをいかにして太極修練の時間に持ち込まない一人ひとりの人間力アップも「太極勁」と密接な関係があります。日々の推手で当研究会の学生の方々の動きで既に太極勁っぽいものを感じていますが、これを意識し過ぎても逆にストレスや雑念と化けてしまうこともあり私は皆様の太極勁の芽のようなものを感じても言わないようにしています。「太極勁」の芽のようなものが本物の太極勁になる迄は実にかなりの時間がかかり、僅かな雑念や推手体勢の間違いで皆無に戻ってしまいます。昨日では60代の方の推手よりも「太極勁」の芽のようなものを感じておりますが、これはご年配の方が社会的ストレスが割合に少なく、限られている体力で推手時が無理していないことで推手の正しい方向性があっての成果だと思います。勿論、その芽を太極勁へと発展していくことがこれからの無理のない日々の練習にかかっています。
 わたくしは呉式太極拳研究会を立ち上げた頃から本日にテーマを研究会のテーマとして多くの皆様と一緒に努めてきました。出来れば少なくともここで太極拳をやっている最中に言いたいことは言って頂き、ストレスを持ち帰らないように常に皆様と共有しているつもりです。そして、教え方についても常に皆様に伺っています。なるべく個々の性格にあった教え方を自分で模索していますが、学生の方々の意見も常に伺うことにしています。太極拳の理論や実践は言うまでもなく、仕事や生活の悩みもある程度聞くようにしています。これは本日のテーマの延長線上のもので人間はストレスや不安を抱えている中では太極修練に相応しくないからです。太極はとても清らかなもので私達のこき使ってきた体を修復してくれるものです。世間の煩わしさから遠ざかることが必然です。そして、私達は推手を勧めている理由はまず、互いに助け合うことを大前提にしており、互いの人格で「太極勁」の正しい方向性へ向けることをも大切にしています。当研究会の皆様がわたくしのことを「先生」と読んでいますが、個人的には出来ればこれも無くしたいですね。何故ならばわたくしも一修行者に過ぎないので常に初心に帰りたいことと、社会では先生と言う種類の人間に対しては本音を吐かないというルールがある為、自分は出来る限り先生という偉そうな立場から一歩引きたいです。
 ところで、今朝のテレビでこのようなスポーツ報道がありました。成績優秀な大学一年生が冬季五輪の出場権を逃したらしいですが、番組のコメンテーター様は大学一年生の園内生活がいかに大変かを主張し始めました。掃除の当番、先輩のマッサージ、後片付けなどが挙げられました。日本国のスポーツはアマチュアで世界に挑戦していることは諸外国の報道でも取り上げられています。今回の大学一年生の方がもしかして他所の国で同じ種目を専攻していたら国家レベルで保護されて、大学と言う団体ではなく専門の国家プロジェックトで培っていたら伸び伸びと冬季五輪出場権を得たかもしれません。幸い、日本は自由国家でありわたくしのような月見草のようなチッポケな存在は逆に色々と自由に出来ますので、縦割り社会での難しい人間関係から一歩引き、「太極勁」修練により相応しい環境に挑戦することが出来ます。
 私達の先人が太極修練の為にすべてを捨て、山奥で生息していた。
 近代社会が人々の心を蝕んでいることは事実だ。
 太極修練にはいかなるストレスや不安もいらない。

 このようにして私は出来る限り皆様のストレスと不安を解消したく色々と工夫してきました。当然のように自分自身でそれらの悩みを抱え込むことはしていません。私自分も潰れてしまうからです。そして、人々の悩みと付き合うには自分自身の人間力をアップしなければなりません。努力致します。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします