二〇二〇年東京で感動再び" /> 二〇二〇年東京で感動再び | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

二〇二〇年東京で感動再び

2013年9月8日

 早朝ぼテレビで東京が二〇二〇年五輪開催が決定されたニュースを伺いましたが、昨晩も多くの方が寝ていないでしょうね。渋谷では若い方々がいつもよりも興奮されたことが想像出来ます。五輪は世界の人々の心の中では希望であり、商売であり、世界への売り込みもかなり見込めますのでまさに国家プログラムですね。
 思い起こすと数年前に中国の北京も五輪が当たったのえすが、すぐさまに日本人の友人から電話があり、おめでとうございます~とのことでした。大親友だったので「お前、馬鹿か、俺にはなにも関係ないよ」といつも通りの会話が暫く続いてから五輪の為に中国へ帰ることは不可能よと告げました。
 結果的に北京五輪は襤褸ばっかりが目立っていて、日本人の仲間では自分の前で五輪の話しを控え目にする方もいました。共産主義中国では当たり前の話しですが、日本の皆様にとってはびっくり仰天の出来事ばっかりでしたね。口パッカ事件、米国国家演奏中断事件、花火編集事件・・・。そして、皆様が知る余地もない卓球八百長事件はもう遠の昔からの日常茶飯事ですが、五輪で何か事件を起きると忽ち世界中へ広がることは一番大きな欠点かもしれません。
 今度は東京です。素晴らしい日本人の性質を世界に見せ付ければいいと思います。何年ながら競技武術はおそらく五輪には入らないと思いますが、柔道で多くのメダルは予測出来ますね。話しのよると歌舞伎界でも五輪を祝う為に何かをなさるそうですが、伝統太極拳の皆で何か東京五輪に為に、表演会でも出来れば最高ですね。同じ伝統文化です。
 何とか頑張って、日々の太極拳修練に没頭して、東京五輪迄生きていきたいものですね。
 東京、五輪開催おめでとうございます!

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです