老子道徳経⑥" /> 老子道徳経⑥ | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

老子道徳経⑥

2013年4月6日

第五十一章
道生之,畜之,物形之,器成之。
是以万物莫不尊道而贵。
道之尊,之贵,夫莫之命而常自然。
故道生之,畜之。长之育之,亭之毒之,养之覆之。
生而不有,为而不恃,长而不宰,是谓玄。
第五十二章
天下有始,以为天下母。
既得其母,以知其子;既知其子,复守其母,没身不殆。
塞其兑,闭其门,终身不勤。
开其兑,济其事,终身不救。
见小曰明,守柔曰强。
用其光,复归其明,无遗身殃,是为习常。
第五十三章
使我介然有知,行于大道,唯施是畏。
大道甚夷,而民好径。
朝甚除,田甚芜,仓甚虚;服文彩,带利剑,厌饮食,财货有余。
是为盗夸。非道也哉﹗
第五十四章
善建者不拔,善抱者不脱,子孙以祭祀不辍。
修之于身,其乃真;
修之于家,其乃余;
修之于乡,其乃长;
修之于邦,其乃?悪;
修之于天下,其乃普。
故以身观身,以家观家,以乡观乡,以邦观邦,以天下观天下。
吾何以知天下然哉?以此。
第五十五章
含之厚,比于赤子。
毒虫不螫,猛兽不据,攫鸟不搏。
骨弱筋柔而握固,未知牝牡之合作,精之至也。
终日号而不嗄,和之至也。
知和曰常,知常曰明。益生曰祥,心使气曰强。
物壮则老,谓之不道,不道早已。
第五十六章
知者不言,言者不知。
塞其兑,闭其门;挫其锐,解其纷;和其光,同其尘;是谓玄同。
故不可得而亲,不可得而疏;
不可得而利,不可得而害;
不可得而贵,不可得而贱。
故为天下贵。
第五十七章
以正治国,以奇用兵,以无事取天下。
吾何以知其然哉?以此:
天下多忌讳,而民弥贫;
民多利器,国家滋昏;
人多技巧,奇物滋起;
法令滋彰,盗贼多有。
故?君人云:
“我无为而民自化;我好静而民自正;
我无事而民自富;我无欲而民自朴。”
第五十八章
其政闷闷,其民淳淳;其政察察,其民缺缺。
祸兮福之所倚,福兮祸之所伏。
孰知其?巽?其无正,正复为奇,善复为妖。
人之迷,其日固久。
是以?君人方而不割,廉而不刿,直而不肆,光而不耀。
第五十九章
治人事天,莫若啬。
夫唯啬,是谓早服;
早服谓之重积;
重积则无不克;
无不克则莫知其?巽;
莫知其?巽,可以有国;
有国之母,可以长久。
是谓深根固柢,长生久视之道。
第六十章
治大国,若烹小鲜。
以道莅天下,其鬼不神;
非其鬼不神,其神不伤人;
非其神不伤人,?君人亦不伤人。
夫?姶不相伤,故交归焉。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします