推手" /> 推手 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

推手

2013年9月23日

 今日でこのような話題をすることはかなりふざけていますね。太極拳が分からない人でもこの言葉が分かる位です。あれだろうあれ、ぐるぐる回す奴・・・とこの間太極拳とまったく無関係のグループの食事会での会話に一部です。そして、この頃、公園での太極拳練習時では多くの方が声をかけ、身の回りの方も太極拳をやっていると必ず申されるのです。それはそうでしょう。私が住んでいる地域では日本武術太極拳連盟が認定した教練様が40人以上だと言われています。私が一般の方を研究会に入れる前の去年のある日、一人で太極拳を練習していたら、あるご婦人の方より声をかけられ、私の太極拳はよく分からないと言って、ご自分は日本武術太極拳連盟の教練だと名乗り、本格的な太極拳をやっているから貴方の太極拳は見たことが無くて不思議だとおっしゃっていました。私は練習がかなり邪魔される恐れを感じたので、これは太極拳ではなく自分が作った体操だと適当に答えて丁寧に別れの挨拶をしました。(説明しても理解出来ないでしょう)
 太極拳だけではなく、太極推手も近頃、社会の中でも推手という言葉がご存知の方が大勢いますね。私の研究会でもプロ一般問わず推手の勉強はかなり人気があります。また。呉式家元の太極推手では四正推手の他に十三種類の推手手法があり、細かい手付きはかず数えない程のものがございます。勿論、太極推手ですのでただ手法だけではどうしても力尽くで押し合いになってしまいますが、本当の意味での太極推手は「太極勁」を絶えず修練するのみで成し遂げるものであります。
 今年の初めから集めてきた一般の方々ですが、少しずつ推手が上手くなり、四正推手以外の推手手法もかなり把握出来るようになってきました。実に嬉しい話しですね。推手がある程度理解出来るようになると私も少しずつ本物の推手を皆さんにお見せするようになってきました。勿論、女性や年寄りの方に対しては太極推手の盤手(推手手法で回しながら柔らかさを練習する方法)が中心になりますが、盤手練習が増えることで皆様が体全体が柔らかくなる勢いで近頃は安全を最優先に考慮した上で推手練習の時に時々、太極勁を使って軽く太極拳学生さんの体を移動したり、足元を浮かせたりするようにしています。勿論、最大限の注意を払っていますよ。そして、私の教え方の一つとしては太極拳学生さんに押し出されるきっかけを作ることです。自分で体の硬直やわざと骨盤を動かして推手の中のいけない動きを作って、学生さんに自分のいけないところを感じていただく方法で推手を教えています。勿論、自分の面子を捨てなければなりませんが、学生に押し出して貰うわけですから一般的ではタブーだとされています。でも、学生さんの皆様との人間関係が出来ておりますので自分も捨て身に成り切れますね。
 推手することだけでしたら簡単ですが、今日に至る迄私に対して多くの推手交流や挑戦がございましたが、お陰を持ちまして一応、今日迄負けてはおりません。一般的では足一歩動けばもう相手に押し返さない「停歩推手」での交流が常識的ですが、一歩動いても引き続き押し返してくる方もいます。その時は少々注意しなければなりませんが・・・。まあ、集中力でしょうね。
 推手を教えることはあまり簡単ではありません。昨今の太極推手では基本理論より外れている内容が多く、私は自分の研究会の方々に今日に至る迄に習得した様々な推手を校正しながら、自分で極端の間違った推手をつくり、推手手法の正しい使い方を習得出来るよう毎日、試行錯誤で行われております。そして、研究会学生のご家族にも推手を教えるように勧めています。何故かと言うと日本は実に多忙な国であり、私と毎日のように推手の練習が出来るとは限らないからです。太極拳は何とか一人でも練習が出来ますが、推手になると相手がいたほうがよいですよね。実際、40代の方がお子さんに推手を教え、ご自宅でも推手の練習が出来るようになりました。嬉しいですね。
 「お前は馬鹿じゃないかと」(サービスし過ぎ?)太極拳関係の知人よりかなり言われておりますが、皆様が楽しく太極拳と推手が学べられたら、私は「馬鹿」でいいですよ・・・。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします