太極拳論" /> 太極拳論 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

太極拳論

2013年5月8日

太極者, 無極而生,陰陽之母也。動之則分,靜之則合。無過不及,隨屈就伸。人剛我柔謂之走,我順人背謂之黏。動急則急應,動緩則緩隨,雖變化萬端,而理為一貫。由 著熟而漸悟?条勁,由?条勁而階及神明。然非功力之久,不能豁然貫通焉。虛靈頂勁,氣?縄丹田。不偏不倚,忽隱忽現。左重則左虛,右重則右沓。仰之則彌高,俯之 則彌深,進之則愈長,退之則愈促,一羽不能加,蠅蟲不能落,人不知我,我獨知人,英雄所向無敵,蓋由此而及也。斯技旁門甚多,雖勢有區別,概不外壯欺弱, 慢讓快耳。有力打無力,手慢讓手快。是皆先天自然之能,非關學力而有為也。察四兩撥千斤之句,顯非力勝。觀耄耋能禦?麗之形,快何能為。立如平準,活似車 輪。偏?縄則隨,雙重則滯。每見數年純功,不能運化者,率為人制,雙重之病未能悟耳。欲避此病須知陰陽。粘即是走,走即是粘。陰不離陽,陽不離陰,陰陽相 濟,方為?条勁。?条勁後愈練愈精,默識揣摩,漸至從心所欲。本是「捨己從人」,多誤「捨近求遠」。所謂「差之毫厘,謬以千里」。學者不可不詳辨焉。是為論。 此論句句切要,並無一字敷衍陪襯,非有夙慧不能悟也。先師不肯妄傳,非獨擇人,亦恐枉費工夫耳。
 

 これは何百年の間に伝わってきました。王宗岳師の太極拳論です。漢文の強い方は是非色々と味わってみてください。
 「捨己從人」という表現があります。私の師は「無理して意を意識しない、意はいつか着いてくるものだ」とも説明しています。
 「差之毫厘,謬以千里」:呉英華師は主に太極拳の「同じ高さ」、「腰を動く」、「足の平行」などを注意すべきだと言っていました。
 動之則分:「開」です。
 靜之則合:「合」です。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします