太極拳教室が多過ぎて・・・。" /> 太極拳教室が多過ぎて・・・。 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

太極拳教室が多過ぎて・・・。

2013年6月17日

 「四方山」は何とか続けたいと考えておりますが、メールによる相談はあまりにも多くて対応で時間を使っていますね。中では一番多いご質問はおそらく、太極拳教室が多くてどれを選べばよいのかとのことです。正直に申し上げるとこればっかりは私はとても答えづらいですね。露骨に言ってしまうと私のところに来なさいとは中々言えないからです。
 それもそのはずです。このわたくしは「呉式太極拳」という一種類の太極拳しか出来ませんが、他の太極拳教室の先生と比べればあまりにも弱くて自分のところがアピール出来る拳法がかなり少ないことが最近になってやっとわかりました。日本武道界の凄い先生なんかは十数種類の武道を同時に教えることになっていますし、太極拳だけでも3~4種類を同時にお教えしています。正直に言わせて頂きますと、太極拳教室選びのようなご質問は私に聴かないで頂きたいですね。
 結果的に一つのことだけは申し上げられます。太極拳は哲学と人間学を合わせたような拳法です。教える人間の哲学性や人柄がそこにいる貴方様に合えばそれでよいと思いますよ。まして、現在のところどのような太極拳が本物であることの範疇が大変不明確で、例え私が本物のい太極拳について侃々諤々語っても信憑性があまりないことは明らかです。

 そして、もう一つのご質問もかなり多いですが、この質問がもっと答えづらいですね。「私が某式太極拳をやっていますが、呉式太極拳の推手だけを学びたい…」
 これはですね。某式太極拳に対しても、呉式太極拳に対しても失礼ですので辞めましょう。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします