太極拳の腰の動き" /> 太極拳の腰の動き | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

太極拳の腰の動き

2013年3月23日

 流派によって体の部分の動きや、動くか動かないか、そして、動き方もいろいろありますし、同じ流派でも人によって言い方が違ったりするのは中華武道ですが、(日本の武道事情はよくわからない)特に太極拳のような流派の多い拳法なら、言い方が様々です。学ぶ人は困るし、初心者はもうなす素手もありませんね。
 でも、何故か一つ、腰の動きが太極拳のどの流派も否定していませんね。皮肉にこれがいかに大事なのかは言うまでもないでしょう。呉式太極拳では、腰を動かして骨盤を連動させることと、骨盤を固定して腰のみを回す動き、または武器を操る時に体のすべてを止めて腰で向きを動かしてしまう動きなどがございます。腰の動きが非常に大事です。露骨に申し上げると呉式太極拳は手を含め上半身は殆ど動かず、殆どは腰で動いていますね。これが出来るようになると推手なんか格段上達になります。
 結果的に推手の時は強い相手に体の色々な部分を動かされることがかなり多いですが、ということで体が動かないことは基本拳で行うしかありません。頑張りましょう。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです