みたび「どの武道が強い」を述べる" /> みたび「どの武道が強い」を述べる | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

みたび「どの武道が強い」を述べる

2013年6月27日

 世の中にはどの武道(武術?功夫?)が一番強いですかとのご質問が多いですが、(メール、面談)私はこう答えます。
 貴方が今、やっている武道です!
 簡単過ぎるですね。でも、条件付きですが、まずは練習量です。次に正しい武道をやっているかどうかも大事です。

 練習量は武道にみならず、この世の稼業のすべては繰り返しというプロセスを経て成熟へ向かうことは変えられない鉄則であり、人間の機能的弱さも単純作業を繰り返すことで補っていくことしかありません。
 当方の太極拳という武道ですが、いいところばっかりというふうに世間一般的に言われていますが、私的には一つ大きな欠点を感じております。これは太極拳を一つの武道としての実力の向上が他の武道と比べれば遅いです。何しろ弱者が強者に勝つことではそう簡単ではありません。例えば「相手の力を相手に返す」という技は一瞬のテクニックですね。「少ない力で相手の凄まじいパワーを誘導する」という技が自分自身の体を柔らかくしなければなりません。「相手に技が出る前に封じてしまう」という技は自分自身の太極的落ち着きさの訓練が欠かせません…。所謂「太極勁」の習得は時間かかります。習得が遅いことで当然、いいこともあります。ゆっくり進んでいく結果、人間の体にに対する衝撃も少なくて済みます。弱者はリスクも少ないです。
 では、太極拳は強いですか?いいえ、私は今日の太極拳全般は弱いと思います。何故?自分を含めて朝青龍や白鵬が突っ込んで来たら勝てないからです。Kー1選手が蹴りを一発入れられたらボロボロになりますね。私ですが、何とか近い将来にこのような強い方の強い技が来ても何とか対処出来るように日々修練してはおりますが、実力がなかなか上がっていかないも素直に認めなければなりません。弱者の拳法を選んだ以上はこの小道を真っ直ぐに突き進むしかありません。
 他の武道は殆ど修練したことがない為、コメントもなかなか出来ないですが、横綱が突っ込んできた時に対応出来るかどうかを判断の方法にしてもよいのではありませんか。
 武道はどれも強いですが……。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします