酔わないと出来ない酔拳" /> 酔わないと出来ない酔拳 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

酔わないと出来ない酔拳

2013年6月25日

 中華武道では酔わないと威力が発揮出来ない酔拳があります。修練者は酒豪であることが条件になります。けれど。お酒を飲みと体を壊すことが近代医学者の誰でもわかるはずですが、それを知りながら外科医の方々は毎日のように浴びるほど飲んでおります。それゆえ日本社会ではノミュニケシュンという言葉が出来ました。
 いくら太極拳が精神統一の効果があるにしてもどのような人間も弱点があり、太極拳は古典哲学のものですので相撲のよう攻撃は基本的に有り得ないです。
 酔拳とはお酒で自分自身の体を麻酔させ、お酒によって人と対面する時に勇気が沸かせ、思わぬ時に一撃を食らわされるです。
 太極拳は常に冷静でお体に無理な訓練をしないのが中華武道です。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします