複雑な気持ちで書く三と言う数字" /> 複雑な気持ちで書く三と言う数字 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

複雑な気持ちで書く三と言う数字

2014年3月11日

 日本国民にとって今年は三と言う数字と切っても切れないものです。間もなく商品税率が3%アップしますね。給料はこの位アップしたのでしょうか。そして、本日は世界をも動いた東日本大震災が三周年を迎えました。思い起こすと三年前の三月に私はある会社に騙されて妻と一緒に保育園が殆ど必要としない地域で認可外保育園を経営していた真っ最中で急に建物が大きく揺れ始めたのです。私は直ちに保育園のドアを開け様子を見て園児を外へと連れて行くべきか行かないべきかを迷い、妻は丁度午睡中の子供に自分の体を被せるようにして、一人の保育士は顔色が真っ青になりましたね。幸い、震源地は首都圏ではない為、玩具が少し崩れただけで済みましたが、私はかつての中国唐山大地震の経歴があり、瞬時に震源地は遠方であるような揺れ方を感じてテレビをつけたらみちのくがやられたことを知りました。
 光陰は矢の如し、瞬き間にもう三年が立ちましたね。しかし、福島県の瓦礫はあとどの位で撤去出来るのかは依然不透明のままです。外国人である私は少々、空想が好きで3%の税金の1%位が瓦礫撤去に当てられていたら素晴らしいですね。と、ずっと思っています。そして、一応三年も立ちましたのでそろそろ、大震災には終止符を打たせた方がよいではないかと毎日のように願っておりますが、ふっと思ったのがはじめて日本語学校で習得した日本語の「石の上にも三年」と言う言い回しです。試行錯誤で三年は過ぎました。政権交代も実現したわけですから世界先進国のはずの日本は本当に石の上に身を据えてじっとして来たとは思いたくないですが、ボランティア活動をしている友人の話しでは、まだまだ未解決の問題が山済み程だそうです。しかし、日本国民は善良な民族でどんな苦しみをも文句を言わずに耐えてきたことは世界が見ていますね。三年もたった現在、もはや日本はもう世界先進国であることが疑われている今日、そして、先般の大雪で国家と行政がかなり鈍い反応で対応したことも重ねて今後の政治に対する不信感は一層厳しくなることが予想されます。
 元々、政治にはかなり無関心の日本国民ですが、東日本大震災の後に見せた一連の素晴らしい国民性は世界各国で褒め讃えられていることは何故か日本国内であまり知られていないようです。これは謙遜な国民性と言う一面もあり、マスコミのターゲット性も影響しているようです。当時の上海では所謂、富裕層の人々は日本人社長が中国人社員を高台への避難を促してご自分が津波に巻き込まれて亡くなったことを非常に高く評価していました。そして、3.11程の大事件があっても日本国では何一つ暴動が起きなかったことも中国の人々からすればかなり不思議のようです。思い起こすと1976年に起きた中国唐山大震災では丁度、かの毛沢東が亡くなる二ヶ月前で中国の国家最高レベルではもうすでに毛沢東が亡くなった後の権力闘争に備えており、救助活動などに専念出来る政治家はあまりいませんでしたね。そして、私達が大地震を知ったのが丁度一週間後でしたね。勿論、ボランティア活動をする余裕さえない時代もあって、民間の家屋は鉄筋ではない物で耐震度がかなり低いことも手伝って、10万人の犠牲者を出してしまったとの不完全の統計で世界地震史では有数の大惨事として知られています。勿論、食料の奪い合いや強盗殺人事件、暴動もかなり起きてしまいましたね。当時の政府は一定期間が過ぎた後に救助不能と判断し、瓦礫を平にして「新しい唐山」を作ろうと、早々に決断しました。このような風景は数年前に起きた高速鉄道の列車衝突事件後の粗末な対応にかなり似ています。
 三年立ちいましたが、無力な私はただひたすらお祈りを捧げているだけですね。国の努力が足りない気がします。勿論、いかなる対応でも日本国民は冷静さを崩さずに我慢して来られましたが、国は高い税金を払っている国民に対して、震災後の対応の見直しなどを今後、行っていくべきだと誰もがそう願っています。その為にの国、その為に政治家、そしてその為に税金を払うのですね。使われていない国会議員宿舎などを直ちに売り払って震災地の費用へ当てましょう。日本国民の素晴らしい国民性に似合う政治をこの選挙権のない人間が呼びかけたいと存じます。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです