荒み状態下の人間" /> 荒み状態下の人間 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

荒み状態下の人間

2014年3月17日

 この世に生きている限り、誰でもストレスが貯まります。酷い場合は荒み状態と言っている方もいます。この荒んでいる状態の中で、習字や絵画、ヨガや太極拳は基本的にお勧め出来ないです。勿論、これは自分も含めての話しですが、誰でも持っている人間力で色々な出来事に対応出来ると限りません。気持ち的に集中出来ない時は遠出して、深呼吸をするか、声を出すことをしましょう。歌の上手い方はカラオケでも良いと思いますし、空手や心意拳などの発声をする拳法も中々よいでしょうね。
 

 芸術や太極拳は私達の人間力も試していると思います。今日の私は急に音楽をかけての太極拳練習が面白く思うようになりました。
 

 失言の多い私ですが、すべての学びごとが人生の楽しみになることを願っております。どんな余暇であっても楽しいことが一番ですね。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします