老子道徳経②の説明つづき" /> 老子道徳経②の説明つづき | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

老子道徳経②の説明つづき

2013年4月2日

第十九章

識別することをやめ、知識を放棄せよ。

そうすれば、人々は何倍も利益を得るだろう。

慈善をやめ、道義を捨てよ。

そうすれば、人々はたがいにもっと愛しあうだろう。

利口な教えをやめ、利益を捨てよ。

そうすれば、盗みや詐欺はなくなるだろう。

識別と知識、慈善と道義、利口と利益はただ外面的な工夫にすぎない。

そこで、これら以外の何かを求めなければならない。

純真さをあらわし、生まれつきの本性に固執せよ、

自己本位の自己を取りのぞき、強欲を捨て、人による学習を捨てよ、

そうすれば思いわずらうことはなくなるだろう。

 

第二十章

敬意を表して「はい」というのと、非礼な「ああ」ということにどれほどの違いがあろう。

善と悪にどれほど違いがあろうか。

他人が恐れるところで、私もまた恐れなければならないだろうか。

これは何とばかげたことか。

人々は生けにえの祝宴を楽しみ、花咲く春の日に高台に登って楽しんでいるかのようだ。

私はただ一人、身じろぎもせず、何と静寂にしていることか。

ちょうどまだ笑ったことのない赤子のように。

戻るべき家ももたず、目的もなく私はさまよう。

人々は多くの野心と欲望をもっている。

私一人だけがこれらすべてを置き去りにしてきてようだ。

私はなんとなまくらだ。私の心はまったく愚かものの心だ。

人々は光り輝いているのに、私一人が暗く鈍い。

人々は賢く好奇心が強いのに、私一人がはっきりしなくて鈍い。

私は穏やかな海のように何と静かなことか。

私はなにものにも縛られず流されるようだ。

人々はすべて目的をもっている。

私一人が異様で、善くないもののようだ。

私には他人と違っているところがある。

私は「母」によって養われている。

 

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです