簡単な護身術?" /> 簡単な護身術? | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

簡単な護身術?

2013年12月5日

 太極拳の人間である私がネットで護身術を語るのがおそらくはじめてです。この数日に起きた色々な事件を見て、流石に怖くなりますね。病院の立て篭り事件、無差別に刺した事件・・・。日本もいつどこで、何を起きるのかがわからなくなってきました。太極拳の師範である私ですが、少しでも道行く弱い人々に役立つような御身を守る方法を昨日からずっと考えて参りました。そして、此度の対象は私の研究会や他の武道教室で学んでいる方々ではなく、武道の武の字も知らない方々の為の咄嗟と護身術でございます。かなり悩みましたね。でも、いつも弱い人間の武道である太極拳を研究している私の護身術ですのできっと、「四方山」を読まれている武道と無縁の方々にも参考価値があると存じております。 
 いつものように研究会のプロの方とのレッスンの合間には秋葉原無差別殺人事件の話しを口にしますが、皆様が異口同音で自分が隣にいたら何とか止めたとの結論になります。そして、巨悪犯人は何かの武道をやっていることではなく、優れた身体能力を持っている訳でもないようです。これも当然と言えば当然ですが、武道を修練している者は基本的に武力を使って一般人お虐めることは少ないと思いますね。ならば殆どの無差別攻撃や殺人のような事件に巻き込まれても僅かな格闘知識があれば身を守ることは可能です。 
 まず、私見ですが逃げてはなりません。人間心理学的で言うと「殺人鬼」も人を刺すにが怖いはずです。こちらから逃げてしまうと向こうはこちらの臆病を察知して途端に大胆になり追いかけてくることが予想されます。もしも、精神分裂者の場合だったらこちらが逃げると向こうは興奮することになって追ってくることになりますね。背中を犯人に向けて逃げている訳ですので刺さって来てもいつ来たかがわからない為、避けることも出来ません。やられっぱなしの大惨事になります。
 そして、逃げなければ何かをしなければなりませんが、数時間の間に私なりにこのような教えが出来ます。まず、少し離れたところで立ち止まって観察することが大事です。凶器はどのような物でしょうか。刺してくる物か振り下ろす物が・・・。そして、冷静になりこちらから近づかないことです。向こうが来るのを落ち着いて待ちます。〇匹靴討る物でしたらなるべく刃物が自分の体に近づいたところで急に左右へ避けることを進めます。(ここで注意すべきなのは後ろへ避けないことですね。何故かというと人間は後退りする時はスピードが出ないです。向こうが前進して刺してくるのでスピード負けですね。)左右へ避けた途端にもしも余裕があれば向こうの上腕と肩の付け根を横から強く押せば相手が重心をなくなり倒れてしまうこともあります。倒れたら次に出来ることが足で向こうの刃物を蹴れば一番よいと思います。もしも、横から押しても倒れない場合はご心配なく落ち着いて立ち止まったままで相手の次の攻撃を待ちましょう。この場合は心理学的分析すると向こうもかなり怖くなるはずです。大半の場合はもうこれ以上襲いかかって来ないでしょうね。もしも、また襲いかかって来たらまったく同じことを来る返すすれば身の安全はほぼ確報出来るのでしょう。⊃兇蟆爾蹐攻Т錙蔑石に刀はないでしょう)でしたら基本的な対処法は同じです。殴られる瞬間に左右へ避け、過ぎに自分の足で相手の下腹部や急所お蹴り上げるとよいです。当たれば基本的に向こうは気絶して倒れますね。
 注意すべきことですが、必ず刃物や棒などの凶器が自分の体に近付いてから左右へ避けることです。これでは向こうの攻撃の軌跡は変えられないからですね。最初から左右へ避けていたら向こうが好都合ですよ。何故かと言うと刺すまたは振り下ろす途中で方向を変えればよいですからね。
 そしてもう一つの方法ですが、少々勇気が必要です。これは相手の後ろへと密かに回り、後ろから体当たりして相手を倒して抑えることです。武道がわからなくてもスポーツ堪能の方でしたら是非お試しください。全力で体当たりしましょう。ならば必ず勝てますね。
 普段、少しでも呉式推手や伝統楊式太極拳串子術打手などを練習している方でしたら咄嗟の時は何も問題ないでしょうね。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです