筋骨皮" /> 筋骨皮 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

筋骨皮

2013年8月22日

 宗教学者の考えでは、筋骨皮は取り合えず使わせている物だそうです。それはそうですね。人間が死ぬと筋骨皮や筋肉・・・全てが焼かれて塵になります。魂の存在を研究することは私のようなレベルの人間では到底、無理です。私達呉式太極拳や他の太極拳本系は現世で取り合えず「使わせて頂いている」筋骨皮の研究、というよりも筋骨皮の訓練をしています。勿論、この世に於いて筋骨皮がいかに楽に使用出来ることを前提にして体を動かしています。昨今のネット上では「精気神」とのことはもうかなり出揃っていますが、基本的な太極論の説明では筋骨皮の段階を通らなければ精気神が有り得ないです。精気神とは人間の体の内部の筋骨皮以外のエネルギーのことです。人間の体という容器がしっかりしていなければエネルギーを貯めることも難しいし、複雑な体内の様々な経路が詰まっているとエネルギーの循環が悪く、とても調和出来たとも言い難いでしょう。ということですが、気の修練や内勁の修練では筋骨皮から始めます。
 筋骨皮の修練とは、これは文字通りの筋骨皮を赤ちゃんに近い状態まで戻すことです。推手が上手くなることはあくまでも一つの結果であり、筋骨皮の修練は一人ひとりの健康に直接繋がっている大事なことでもあります。冒頭申し上げた通り、無能な人間で取り合えず使わせて頂いている筋骨皮なものですので、正しい太極拳の大切さはもうこれ以上繰り返ししなくてもいいでしょう。
 では、いかに筋骨皮を修練するのかと、これはもうずっと説明している通り、初心者の方々がまず「開合」をまず行って下さいね。これで初めて筋が伸びますよ。
 貴方様が初心者かベテランか?これは私に聴かないで頂きたいですが、因みに太極拳修練者(私を含む)は皆、初心者みたいなものです。簡単に申し上げますと、人間の体の老化は毎日のように激しく進みます。今日一日の太極拳修練をさぼってしまえば、その分太極拳の大先生でも衰えに勝てず、初心者に逆戻りしたようなものです。何故かというと筋骨皮は実に簡単に老化してしまいますよ。私の研究会では遠方のプロに時間性のレッスンもしておりますが、東京近辺の太極拳修練者での時間性レッスン(月一回のような)はお断りをさせて頂いております。簡単に説明すると、月一回だと例えご自分で修練されても殆どの時間帯に筋骨皮を鍛えていない太極拳修練になりますので時間の無駄(貴方様とわたくし)とお金(貴方様)の無駄だけです。ご縁があって私のところで太極拳を学ぶすべての方に対して責任があり、効果が教学は互いにとって良くないですね。
 筋骨皮の修練は死ぬまでです。太極拳もそうですね。一日生きている限り、楽に生活出来る為に毎日続けています。
 何ですって、貴方様は太極拳をやっていて、年とったから出来なくなりました?!これはやっていた太極拳自体に問題がありますよ。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PREV
力と勁
NEXT
分野

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです