気功、太極拳、推手、「放気」という中国語・・・資本主義街、資本主義船。" /> 気功、太極拳、推手、「放気」という中国語・・・資本主義街、資本主義船。 | 呉式太極拳研究会
<span itemprop=気功、太極拳、推手、「放気」という中国語・・・資本主義街、資本主義船。" />

旧 太極拳よもやま話 未分類

気功、太極拳、推手、「放気」という中国語・・・資本主義街、資本主義船。

2012年11月11日

 私の太極拳よもやま話はなかなか、終わらないな~と思っている方もいるかも知れないですが、何故、この様に絶えず絶えず長い話しが出て来るのでしょうか?それは、私の母国がいかにも笑い話で構成されていることですよ。ところで誠に残念ながら私はいまだに日本の漫才が面白いとはあまりおもいませんが、でも先日、久し振りに母国の漫才をインターネットで聴いてみたら昔ほどの面白さを感じなくなりました。ネタが駄目になったのでしょうか?それとも自分自身が変化したのかは私もよくわかりません。でも、きっと人間社会である以上、笑いは絶えないでしょう。(ふざけ過ぎて笑う?楽しくて笑う、無知し過ぎて笑う・・・)

 
 時を遡って、前の世紀の80年代に入ったころの中国上海という日本人のどなたもしているはずの今はアジアの大都会ですが、その当時はやっと、改革開放がレールに乗り始めた頃、多くの外国人観光客が現れていて上海人といろいろな交流し始めたころの話しです。改革とのことで様々なビジネスチャンスも生まれていました。勿論、本格的に武術を教えることも許されましたし、中国伝統的按摩や漢方医による治療もかなり人気がありました。気功による治療も丁度あの頃から盛んでいました。その当時「法気」、「法外気」というような言葉が生まれました。これは、人間の体の中の「気」というものを手の平や指を通して外を出し、人の病気を癒すという話しですね!今の日本では「嘘だろう」と誰もこう言いますが、でも、その当時の中国では多くの人がそれを信じていました。当時、元実家の近くに公園があり、私は太極拳師匠の学習以外はいつもあの公園で太極拳を練習していましたが、中では毎日、数人がただ、佇んで気を鍛えている様子は毎日の風景でした。時々、数メーターを離れては「気」を送る動作をして、その「気」でもう一人の人間はただ退くばかりで時折、大きい声を出しては倒れてしまいます。私の兄弟子のお弟子さんで長い間公園で太極拳を教えている劉継髪という人間(今も健在)がいて、ある日気を出す先生に「私の体から気は出ていますか?」と尋ねますと、「出てる、出てる、見えるよ!10cm位・・・」と言われていました。なかなか凄い人でしたね!そして、彼はいつも私の太極拳を批判します。その理由は私は太極拳をかなり低い姿勢で練習していることなのです。体重を足に乗せて関節を曲げらせたら「気」が通らないとのことでした。私は特に例の先生と争うことはありませんでしたし、彼も私の邪魔はしませんので互いに自分のやりたいことをやっていました。後に同門の劉継髪氏から聞いた話しでは、あちらの気功のお弟子さんが隠れて私を見ただけで倒れたとか・・・。私って今になってもそんな強い「気」は持っていません。

 思い起こすと当時、当時は太極拳推手で人を触れずに人を飛ばしている「強い人」はかなりいましたね!(本当の強い太極拳師は可能です)中には凄い人で200M位離れたところで「気」を出していたら向こうの人が「感じる、感じる・・・」と言わんばっかりでした。外国人も感じたりして、中国は本当に偉いくにですね!
 でも、その当時は太極拳や気功だけではないです。いろいろな新しい物が大都会上海に現れていましたね。当時の錦江飯店の横に外国人や香港、マカウー、台湾人しか入れない町が現れたのです。パスポートを見せて進入出来ますが、あまりにも高値で中国人が入っても何も買えないはずです。まして、当時は人民元以外、外人専用の貨幣があり、限られているところでしか使えないようになっていましたね!更に数年経ちますとあの町は上海で有名な資本主義街と名付けられ、中国人金持ちもブロッカーから外人専用金を手に入れて、パスポート無しでも入れるようになったわけです。ほぼ同じ時期に上海のバンド夜景を楽しむ遊覧船が就航し、やはり外国人専科でした。あれは新しい中国になって、初のラブホテルでした。当時の中国人の皆はあれを「資本主義船」と呼んでいました。

 あの頃の強い「中国武道家」は世界の武道界にかなりの悪い影響を与えてしまったことは確かですよ。はっきり申しあげますとその中の多くの「大師」は偽物です!もしも、彼らが本当にそこ迄強いならば、彼らのような公園で人前で強さを見せつける性格であれば、あるいは昨今、インターネットでいかに自分が強い推手の達人とばっかりアピールするような性格の持ち主であれば、とっくにK1グランプリに参戦し世界チャンピオンになりましたね!筆者の知っている限り、太極拳師で異種格闘技の試合に出た人はまたいません。太極拳はいつか、惨めな拳法になったら本当に悲しむのは私達、太極拳を真面目に練習している者です・・・。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします