常に初心に帰る" /> 常に初心に帰る | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

常に初心に帰る

2013年5月19日

 この頃は多くの方に初心に帰ることをお勧めしています。これは色々なご質問や反対意見のお陰です。私も自分が修練してきた太極拳というものをもう一度見直ししております。「四方山」でこれ程大きな反響をもたらしてくれたことは素直に嬉しいです。皆様の励ましやご鞭撻は常に私を駆り立てます。
 思い起こすと30年程前に師馬岳梁の自宅での出来事でしたが、当時は中国改革開放がはじまり、師の家には常に色々あ目的を抱えている求道者が現われていました。私はいつものように朝の9時頃に師の家に到着、師はいつものように間も無く一階の練習室に現われました。馬はいつも私と単推手から練習して少しずつ進んでいくようにしていましたが、とある日、ドイツの青年3人が現われ馬が単推手をやっているのを見てかなりびっくりされたようでした。すぐさまに二つの質問が出たわけです:大先生もこのような初心者の練習をされるのでしょうか?大先生は自ら初心者の指導をなさるのでしょうか?
 馬は笑顔で私を紹介して、彼ら3人と推手するように求めました。私はごく普通にドイツの青年を手を交えたのでしたが、当時は自分としては二番目の質問を我が身でお答えしたつもりでしたが、30年後の今になって当時の師馬岳梁は一番目の質問も賢く間接的に答えたような気が致します。
 どんな武道でも高いレベル程の者ほど、基本を大切にします。
 基本的な初歩的なことがもしも的確に行われていなければ、その土台の上に積み重ねていくものはすべて歪みます。
 皆様、どうか、この基礎に対して厳しい沈剛をお赦しくださいね。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです