師走も半分過ぎて・・・" /> 師走も半分過ぎて・・・ | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

師走も半分過ぎて・・・

2013年12月14日

光陰は矢の如し、師走が半分過ぎるともう一年が終了に近づくことになります。一年毎に人は年をとるのですが、何故か年をとったのに人は皆おめでとうと言います。隣の中国では陰暦で旧正月を祝いますが、旧正月を一年中最も大切で長い連休をとります。人間的には何故か一年が過ぎるとこれを記念する意味でしょうか一つの区切りと言う意味でしょうか世界のどこの国もお祝いをしますね。旧正月は太陽と月の動きで計算するころになっており、朗らかに道教的に計算していますが、西暦はキリストの誕生を基準にして制定されたものであります。但し、皮肉的にキリスト教のご復活祭が中国の陰暦で計算するようになります。わたくしは有名なキリスト学者の伺ったところでは、じつに簡単な話しでキリストはアジア人だったと簡単に解釈してしまいました。本当にアジアは偉い地域ですね。世界三大宗教の教祖はいずれアジア人(神?)です。
 わたくしは年末になるといつものように自分自身の人格的糾明する習慣を持っています。年をとることで成長も伴い、一年でどれほど成長したのかを確認するのが大人の義務であります。特に、私は昨年の年末より呉式太極拳研究会を立ち上げ、一般の学生を取るようになって一年になったところです。太極拳の伝授に於いて不備があったのでしょうか。自分自身の行動の中に太極思想に背く行動があったのでしょうか。外国人という異色的な存在で一人ひとりの学生に迷惑をかけたことがないでしょうか。そして、何より皆様のお陰でこの私も唯一のお弟子さんに恵まれましたが、人様の模範になれたかどうか・・・、当然のように多くの反省をしなければなりませんね。私ははじめて本格的に日本人に太極拳を教えることで当然のように戸惑いもかなりあって、そして、呉式太極拳の大きな特徴で多くの内容があり、なるべく一般的な太極拳のみではなく、一人ひとりに日本ではあまり言及していない「太極勁」というものの同時修練はあまり簡単なことではないことから自分自身の様々な項目に於いての反省点も多く見つかりました。来年の教学で修正していきますね。そして、私は一人ひとりの太極拳があってもいいと思っていますが、現に10代の方と70代、80代の方が同じ太極拳を練習することは不可能です。例えば制定太極拳の中でも年齢と太極拳の年数によって、太極拳
が違うことも当たり前です。制定拳の素晴らしいところは太極拳を簡単化し端折ったことですが、長時間の練習と難度の高さから解放されたことを私が求めながらも、伝統太極拳しか出来ない私は年代と経歴の合わせて難易度を変えることで様々な方に対応して参りました。そして、私は特に現在の一般に皆様へ感謝の意を表したいと思いますね。皆様、本当によく頑張りました。呉式二十四太極槍はそんなに優しいものではないはずですが、皆様がよく練習しつづけていますね。
 そして、この一年間に「太極拳四方山話」というブログを出来る限り書き続けています。もともと、自分の頭の中には約一年分のエッセのようなものがあったのですが、来年ではどのように「四方山」を書いていくのがかなり心配です。テーマーの重複やあまり適切ではないコメントが出ると当然のように様々な方面から批判が来ます。私はただ、太極思想や人間学、古典哲学と心理学的に自分なりに感じているものを素直に述べていて、特に評論的な文書を書くつもりはありません。でも、逆の立場から見ると評論家やマスコミのようが本当に楽でございますね。人様の所見に自分の意見を加えたり、反対意見を言ったりしていればよいですが、テーマーや具体的な内容が無くなることがなくてネタ切れもありません。この一年で私は小説家の辛さと言うものを嫌になる程よくわかりました。小説家は私みたいに一日2000字程度の文書ではないはずです・・・。
 そして、この一年の間に私は「太極八門五歩十三勢」と言う理論と具体的な内勁修練術も多くの方と一緒に修練してきましたし、呉式太極拳の推手十三式教学の試みも日本ではじめて本格的に展開しており、二十四槍は多くの方のリクエストにより今年の五月から伝授しはじめています。学生の一部分はもう既に「呉式太極拳快架」を視野に入れていながら日々頑張っているようですね。私は教え方が速いと昔からこのような欠点があって、多くの同門より指摘されてきましたが、今後は学生の皆様に修正期間を求めていきたいと存じます。そして、毎日のように皆様には「太極修練の難しいこと」と題して色々と説明していますが、今後は無味乾燥な説教ではなく、皆様がご納得出来る程の教えを自分の太極修練の一貫として日本での土着化が出来ればと願いながら頑張ります。
 師走の半ば、やり切れていない自分の太極的執着と来年の課題でいっぱいです・・・。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします