太極拳は欲張らない拳法です。" /> 太極拳は欲張らない拳法です。 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

太極拳は欲張らない拳法です。

2013年5月10日

 中国功夫映画お好きの皆様はおそらく、右の人物をご存知のはずです。そうです。金庸氏ですね。中国武侠小説界隈で彼の右に出る者はいませんね。彼の小説は数多く日本語にも翻訳されています。(http://www.tokuma.co.jp/kinyo/参照)
 しかし、金庸先生はもう一つの顔がありますね。彼は呉式太極拳3代目の呉公藻師の弟子でもあります。彼も呉式太極拳の修練者ですね。
 呉公藻師が著書した「太極拳講義」の際、金庸先生はお祝いの後書きをしました。その中にこのような文書があって感動いたしました。
 「脑中时时存着一个“克制对手”的念头,恐怕练不到太?巽拳的上乘境界,甚至于,存着一个“练到上乘境界”的念头去练拳,也就不能?甼到这境界罢。」(http://www.cntjq.net/article-8551-1.html参照)
 大体の意味はこうである:頭の中に相手をやっつけることが存在したら太極拳の最高レベルへは到達出来ません。最高レベルを意識しながら練習したら最高レベルへは到達できません。
 という訳で太極拳は欲張らないような修練をしなければなりませんね。すべてが自然体でやりましょう。すべてはご自分のお体と相談しながらやっていきましょう。
 但し、正しい太極拳をお選びください。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです