太極拳は体で覚えるべき" /> 太極拳は体で覚えるべき | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

太極拳は体で覚えるべき

2013年5月9日

 昨日は王宗岳師の「太極拳論」をアップしましたが、すぐ心配になり、皆様が深読みしすぎて間違った方向で理解してしまったらどうしましょうと、昨夜はちょっぴり不安でした。
 確かに私のホームページでは張三豊太極拳論も王宗岳太極拳論も訳していませんが、本音を申し上げますと皆様が間違って理解してしまうことが心配の元です。確かに私は師の教えで常に太極拳論で自分の基本拳動きをチェックし、内面的な動きも「太極十三勢」の動きをなるべく守りながら日々の練習をしております。但し、私も多くの太極拳修練者と同じくかなり時間をかけて、自分の体で太極拳論や太極十三勢を時間するようになりましたが、実はこれはつい最近のことです。私も多くの皆様と同じく長い間ただ只管毎日のように太極拳の基本拳の練習を重ねて来て、自分も知らないうちに太極拳論や十三勢が体に染み付いてしまったとのような感じです。決して、師が上手く説明したからとかではないです。
 太極拳はすべての人間には平等で、例え名師の弟子であっても、一般の方であっても、より正しい動きで練習をすれば、いつか太極拳論や十三勢を体で理解出来るようになります。
 時間はかかりますね。このIQがあまり高くない私は約三十年間はかかりましたが、同門で速い人は十年位の者もいましたが、彼は毎日3時間をかけて基本拳を十年間の間ずっと練習していて、結果的に実を結ぶこととなりました。ちなみに彼は今でも一日3回の基本拳を練習しています。
 太極拳論は太極拳創始者の方々も一生の集大成でございます。私達は一生をかけて、先人の集大成を追いかけていく謙遜な心が必要です。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです