太極拳「中定」の話し" /> 太極拳「中定」の話し | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

太極拳「中定」の話し

2012年12月20日

 太極拳のすべての動作、すべての太極拳流派が「中定」を最も重要位置に置いています。当流派太極拳大師呉公藻師が太極拳講義の中でこのように述べています。

 伸び曲げ、展開収斂をしている間、パワーを見せない様子が中であり、淑やかに無意味の動きをしない様子が定であります。心と気が清和なり、精神は体全体に貫かせ、方向の偏りをせず骨盤で方向修正せず、これが中定の気と言います。また、道の元とも言われています。

 何か、訳の分からない話しですね!太極拳は難しいかな~
 そうですよ。太極拳を本格的な武道としてやっていくには大変ですよ。でも、他の武道もそうですが、少林拳の足技、空手の煉瓦割り、どれも大変な練習量ですよ。太極拳はまだ穏やかなほうです。本格太極拳の難しさは続けることです。ただ、少林拳やサッカー、空手などと比べればまだ、そんなに体力を消耗する運動でがありません。
 太極拳の基本は毎日続けることによって体を常に一つの清和で落ち着きのある状態を保つことによって健康と武道の両立を目指すことです。他の武道と比べれば怪我がかなり少ないですし、アキレス腱などに対するダメージは殆どありません。
 太極拳はとても楽しい哲学的な武道です。
 呉式太極拳研究会師範 沈 剛

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします