太極修練者には休みはないです" /> 太極修練者には休みはないです | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

太極修練者には休みはないです

2013年12月25日

私は実に色々な太極拳教室のスケージュルを見て羨ましく思って参りました。かつて中国にいたころは旧正月の間に公園はガラガラで太極拳を練習する人は誰もいなくなることで有名でした。自分が一人で練習していたら変質者として預かられていたこともあり、一年中に365日を毎日のように太極拳を練習していたら本当につまらなくなることも我が身で嫌になる程感じていますね。だが、道教文化と言う前提で太極修練を行うと少々寂しい思いをしても仕方がない話しになってしまいますね。元々、太極修練は祈りの中から生まれたものでございます。わたくしは何回もこの「よもやま話し」の場で太極拳という祈りのような拳法は日本国民によく似合うことを話しており、実際のところいつも気持ちの高揚が見られる中国の太極拳学生に対して絶対にお教えしなかった「太極八門五歩」気功術なども日本人の学生には部分的に教え始めています。理由は当然のように大和民族は祈りの民族であることが挙げられますし、そして何より常に練習に励む方や修行として太極拳に取り込む方であれば始めて太極拳の様々な技を教える意義が出てきますね。
 幼少期に師呉英華、馬岳梁との様々なエピソードで旧正月の年明けでの初太極拳の話しも数回に渡りよもやま話しで言及してきました。話しによると自分の初太極拳の前に二人の師匠はもう既に一時間程の練習を終えていることがわかりました。昨今の呉式太極拳家元の多くの方々はもう既に師馬岳梁のような素晴らしい太極勁を断念しております。簡単に分析すると馬師のような古い時代で世間の誘惑も少なくて安心して日々練習に励むことが不可能ですので太極勁の修練を断念しなければならないでしょうね。そして、もう一つの理由お分析すると太極手練はあまり楽ではないことです。特に上級者状態になると一日だけ練習お休むだけで次の日はなかなか大変ですよ。この様な話しをしている私ですが一応上級者であると「自画自賛」をしていてしかも「一日休んだことがある」と言う二つのことを主張しており、かなり傲慢な人間であることを証明してしまいますが、この上級者のはしたである私が本音を言うと一日休んだ時の体の硬さは半端ではありませんでした。これは他では無く人間のすべての部品がいかにもレベルが低いことお証明していますね。たった一日だけを休んだだけで人体はもっとのだらしない状態に戻ってしまいます。このような話しは太極修練のみではなく、他の武道も同じことを語る方がかなり多いです。今日のスポーツも人体の不器用さを物語っていますね。怪我等の原因で練習を休むと本当に体の状態や持久力の回復が難しいです。
 太極拳、というものはまた更に他の武道やスポーツよりハードルが高いです。今更、私が言うこともありませんね。皆様が色々な太極拳教室のホームページでよくご覧になる「以慢打快、無力打有力、以柔克剛、四両抜千斤…」とこれは簡単に出来そうもありません。現在、私の教室にも多くの見学者がいらっしゃっており、推手時力尽くで所謂「発勁」を主張なさる方が非常に多いですが、道教太極修練者の世界では相手のパワーと言うものを回収してしまうことを提唱しておりますね。実際に私の研究会で練習している方でしたら実感していますが、押されても軟体動物のように躱すと言うか逃がすというか力点を見せない太極勁、または軽く触れただけで体全体が浮いてしまったなど、皆様が納得していつかこのような「勁」が出来るように修練をし続けています。「発勁」でもって見学しに来られる方に対しては現在のところ私が応対しておりますが、いつか学生の皆様も応対出来るようになります。そして、私は「発勁」で飛ばされても決して気を落とすことがありません。ただただ、自分の太極勁がまだ発展途上であることの再確認が出来て、さらなる修練が必要とのことに過ぎませんね。
 武道としての太極拳は一定の高さのハードルがあります。中国人と言うよりも祈りを大切にする日本人やネパール人の方がもっと相応しいではないかと感じておりますね…。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです