夢" /> 夢 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

2013年10月12日

 これは恐らく誰でも見るものではないかと思います。そして、日本語で一言「夢を見る」と言ったら夢を見ること自体という意味と、一つの憧れを抱くことと二重の意味を持ちます。夢専門の占い師もいますが独特な夢を見たら恐くなり、私も一度のみ友人の占い師にお願いし説明を求めてしまったのです。というのが、自分はいつも夢の中でもう一度寝てしまう夢を見ます。そして、友人に占い師によれば、夢の中でもう一度眠りに付き、そして貴方が二度目の眠り(夢の夢)より目が覚めなければ、もう永遠に目が覚めることがないです。と、言われました。恐いですね!と
 でも何と、昨夜もまた同じ夢を見てしまいました。しかも、はっきりした夢でした。
 自分は夢で電車に乗り、そして棚に自分の荷物を載せてからもう一度眠りに着いたのでしたが、大分時間が立ったところで「目が醒め」、棚に置いた荷物を探したのですが、見付かりませんので焦って電車中探し回していました。が、全電車を探しても見付かりませんでした。とどのつまり大声を出したところで何故か二回目の夢から目が醒め、朝であることを確認し、急いで起きていつも自分の鞄置き場へ行ってみたら夢の中で無くした鞄がいつものよころにあった為、安心して寝床へ戻り、目覚まし時間よりも20分早かったです。おそらく、結果的に夢を見ると眠りが浅いと医学専門家が分析しておりますが、夢で夢を見ることは心理学者の方もはっきりした分析が出来ないことがわかっております。自分の分析ではかなりの雑念を抑える為に人間はいつも眠るという休養をするのですが、雑念の多い人間が太極拳や内家拳、そして気功などを修練するとこのような結果が出て来るのではないかと思います。謂わば、太極拳がいつも色々な雑念と戦っていることで人間の脳がいつも休養の指令を出し続けているに違いがありません。夢に中でも、「落ち着け、雑念から開放されろ」と、結果的に眠くなってしまいますね。もう一つの例を挙げさせて頂くと太極拳とあまり無縁の空手選手が最近、私の研究会で時々勉強するようになりましたが、彼はゆっくりした太極拳を修練するといつもうとうとするそうです。これも雑念を能が一生懸命抑えようそしている証拠ではないかと分析致しています。決して悪いことではないと私が判断します。解決法はいたって簡単です。目を大きく開ければよいですね。
 実際、インターネットによる相談で太極拳を修練すると眠くなってしまうことがかなり多いです。答えはいつも一つ、目を大きく開けて下さいね。と、これで殆ど解決出来ましたよ。だが、一つの結果を申し上げますと太極拳巨匠(自分が4人程見ていた)が修練時、そろって目が虚ろであることは事実です。彼らは夢心地で太極拳を修練しているのでしょうかと、不思議に思った若き沈剛は師呉英華、馬岳梁に伺ったのですが、両師の答えは「真似するな、貴方もいつかわかるよ、もっと練習しなさい・・・」でした。
 今になって、自分も時々、このような現象が起きています。目の前は真っ白になり、まるで夢に中にいるような感じです。だが、誰か子供が横で叫んだり、知らぬ人から「これはたいきょくけん?」と声がかかると、直ぐに現実世界に戻ってしまいますね。本当にどこか山の上に行ってゆっくり太極拳をやってみたいものですね。
 雑念は近代人の付き物です。太極拳を修練している方は出来る限り雑念から遠ざけることをお勧めします。差別的な発言になるかもしれないですが、生活が安定している人は「太極勁」が割合に早く上達します。理由が雑念が少ないからですね。
 ところで、わざっと太極拳練習時に音楽をかけ、雑念を増すことをやっている連盟や法人は、本当に不思議ですね。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)

フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。

 

表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています

非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです

研究会会員の方による、筋膜リリースで姿勢を整える新宿・神楽坂の整体パーソナルサロンです