呉式太極拳初心者の雑記" /> 呉式太極拳初心者の雑記 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

呉式太極拳初心者の雑記

2013年9月15日

よもやま話の読者のみなさん、はじめまして。現在私は、東村山市のクラスで沈先生のご指導をいただいております。「読者投稿はいつでも歓迎」とありましたので、今回投稿させていただきました。太極拳初心者ではありますが、先生の授業を受けてみて感じたことなどを書いてみたいと思います。私が太極拳を始めた理由は、精神力を高めるためでした。現代はストレス社会と言われますが、ストレスは、人間の「思考」が引き起こすものですね。
頭の中でぐるぐると巡るような考えは、的外れなものが多いのではないでしょうか。自意識過剰な状態では、判断力も損なわれていきます。私が初めて授業を見学した際に、先生からご指導いただいた事は、「何も考えずに、身体が自然と覚えるまで繰り返し練習すること」でした。沈先生の太極拳には、雑念といったものがほとんど感じられませんね。心の乱れがありません。集中力の持続があるだけです。呉式太極拳が地味でなければならない理由が、ここら辺に隠されているのではないでしょうか・・。と、ここまで(たったの400字)を書くのに2時間近くかかってしまいました。文章を書くのは大変ですね。長い文章をほぼ毎日、一年も書き続けられる沈先生は、本当に素晴らしいです。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします