動き" /> 動き | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

動き

2013年9月1日

 この頃は毎日のように長文で、くどくどして猛暑の日は実にこのような長い文章が相応しくないですね。たまには短いほうでいきましょう。
 昨今の様々な方との練習の中では「体の動きを教えてください」との要望が実に多いです。考えてみると確かに、伝統呉式太極拳の家元の慢架は実にはっきりした動きがなく、ゆっくりとした動きで相手が察知出来ないことが前提になります。呉鑑泉から直接流れてきた太極拳の教学に関しては一つひとつの動きも教えますし、そして、その動きをいかに目立たなくすることも教えなければなりません。これは私のとっても実に難しいことですね。
 師馬岳梁や師呉鑑泉は人と推手をする時に、一般的な話しでは、全然動いていないように動いていないのに、飛ばされたとのコメントが実に多いです。私は実に馬岳梁師と長い間推手をしていましたが、私的には動いていないではなく、師の動きはあまりにも目立たなくて察知出来ないものでした。これも実に太極拳論の基本に書かれている「人不動、我不動、人微動、我先動」との教えにぴったり合っていますね。
 但し、太極十三勢などの内勁は本を読むだけでは身に付けません。正しい太極拳の修練法で時間をかけるしかありません。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします