旧 太極拳よもやま話

以心行気と以(運)気運身

2014年3月4日

昨日の四方山な話の最後の結論として取り上げられたにが太極拳によって私達の脳も変わることでした。それは当然のようにごく普通に生活をしていれば人間のそれぞれの脳は日々取り込んでいる仕事や学習によって違う変化を成し遂げることは言うまでもない話しです。言い換えれば習慣付けされた人体の動きや反応から脳の認識迄は人類科学でも感性認識と理性認識認という二つの専門用語としていられていますが、本日申し上げている「以心行気」は近代社会の様々な快楽によりあまり簡単に身に付く程のものではなくなったことは私の幼少期の頃から各太極拳の家の中で言われていました。当然、自分は本格的に世界先進国の中で生活しはじめたのは東京に来てからのことであり、若い私も太極拳修練を怠ってしまうことがしばしありました。でも、奇しくも太極拳は現在のところ、先進国であればあるほど修練人数が多いらしいですが、精神的な豊かさで有名なネパール王国や世界一の先進国であるスイスなどの国である程度の物質的と精神的余裕がもたらされていて、太極拳の修練をじっくりされることが普通に考えてしまいますね。でも、逆に考えてみると体がこのままでは悪い方向へいってしまうから脳の変化の必要性迄のあらゆる面での奮起は逆境も一つのきっかけかもしれないですね。
ともかくあれ、「以心行気」は近代人のどの国の人間にも簡単ではないですね。今日の世界中に流行っている「自己暗示」というものがあって、これは基本的に太極で言っている「以心行気」とは違います。そして、太極で言っている「気」と言うものはかなりの初歩的な話しで、率直に申すと「気」は生きていう人間の誰でも持っているものです。太極では一般的に気と言うものを人間体内のエネルギーというふうに解釈しております。人間は体が成長すればエネルギーが不可欠ですし、食事をすればエネルギーが貯まりますが、栄養が偏るとエネルギーの形も歪になってしまいます。となると人体に存在している「気」というものはどのようにコントロールしようにしても、その実質的なものは変わらないことになりますね。そして、自己暗示をすれば気は脳に従うかとの質問ですが、私的の経験ではかなり難しいような気がします。道教太極理論での逆説ならもう少し説得力があり、人間界ではおよそ感性認識無しでの理性認識は哲学の世界でも心理学の世界でも太極理論にかなり近い結論が出揃っています。
でも、はっきり言って中国語の言語的な観点から「以心行気」をみるといかにも自己暗示のような誤解を起こしてしまうことは、中国人である私が痛い程よく理解しています。私が長い間に渡り公に太極拳をお教えしなかったことは実はこのような語弊を恐れていたことにあります。私は「以心行気」をネットで検索するとじつに沢山のページが出てきたのですが、不思議に答えはそれぞれ違っていてどの答えを読んでも道教太極拳的で分析すると中国人であっても語弊を感じてしまいます。では、太極で言っている「以心行気」はどのようなことでしょうか。まず、これは太極的に考えて考えると気から勁との学説が浮上します。そして、勁というものを熟練させていけば、「神明」と言うもう一つのかなり雲の上のような高い段階へ達してしまうようですが、ならば、今日の近代人では勿論のように「神明」状態の太極拳巨匠に出会ったことは有り得ないでしょうね。私は二人ほど会いましたが、でも、このような話しをすることで根拠もないですし、wikipediaの出典にもなりません。でも、太極の「以心行気」がいつになっても間違ったままで複数の違う結論で人々を悩ますことは一日でも早く終止符を打たせたものですね。
結論から申すと太極的ではまず、自然呼吸から入ります。勿論、太極拳は猛スピードで練習するものではなく、練習後には激しい呼吸になることも有り得ないです。そして、様々な人体の独特な動きで体内の動きは徐々に規律正しくなり、このような動きを少しずつ私達の脳に印象付けます。長期間に渡り脳がこの独特な動きに慣れてしまい一瞬の内に案じたたけで規則正しい動きが自然に出てくることのプロセスのことを私達は「太極勁」と言っています。「以心行気」の「心」は日本語で言うと「ココロ」になります。これは日本人の皆様が欧州人の皆様よりも理解しやすい言葉ですね。各太極拳の家では「以気運身」に近い言葉を弟子らに説明しておりますが、これは謂わば家元の口移しの秘訣伝授であります。勿論、これもwikipediaの出典にはなりませんし、私は四方山で公に話すことも本来なら禁じられています。でも、このような簡単そうで難しい家元の秘訣は今日の近代社会の中にはもはや「出典」のない太極拳と無関係な話しになってしまいます。太極拳の祖先があまり公にお教えしたくない気持ちもなんとなくわかりますね。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします