ストレス社会である日本" /> ストレス社会である日本 | 呉式太極拳研究会

旧 太極拳よもやま話 未分類

ストレス社会である日本

2013年7月19日

 本日は日本人の皆様が太極拳修練時の難点を取り上げております。私的にみていると、ストレスと時間の足りなさが上げられます。
 ストレスは近代病で主に先進国の間では特に目立ちます。ストレスが溜まった方には通常、外家拳や空手を進めておりますが、これは激しい動きによってストレス発散になることからです。太極拳になると本当のところは一定程度の落ち着きさが必要だし、太極拳自体が一種の気功ですので雑念が多いと所謂「偏差」(気のコントロールが出来なくなること)が生じてしまいます。太極拳の高級レベル迄行けるものはまず年寄りが多いですが、一般的に修練年数が長いとの説が一番有力ですが、実際、年寄りの皆様があまり色々な欲望がなく、社会的なストレスも少ない為所謂「太極勁」が身に付き易いです。若者は切り替えの速い方だと雑念には強いので「太極勁」の習得もわりと速いです。
 元々、太極拳の修練でストレスよりの雑念がコントロール出来れば一番理想ですが、但し、人間はまさしく十人十色で強い者もいれば私のような弱い人間もいます。実際、私もストレスで太極拳を数週間中断したことがあり、何故か再び修練し始めるとまるで最初に太極拳おやった時の硬さでした。実はその時既に20年近くつつけていたのですが・・・。
 ストレス解消の為の武道であればどの武道をやってもいいです。大きいグループで皆同じ趣味で和気藹々でやれば最高ですが、現在の伝統太極拳の領域に於いてはこれがなかなか実現出来ないのが悔しいですね。
 日本の素晴らしい国民性が日本人に我慢精神をもたらし、様々なことを飲み込むことでストレスは付き物です。ストレスとの付き合い方に関しては分野外で心理学の先生でなければなりませんが、私はいつでも皆様の話を伺いたい所存でございます。どなたでも話せばストレスはコントロールしやすくなりますよ。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による東京・恵比寿の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします