「強い」武道家の笑い話" /> 「強い」武道家の笑い話 | 呉式太極拳研究会
<span itemprop=「強い」武道家の笑い話" />

旧 太極拳よもやま話 未分類

「強い」武道家の笑い話

2012年10月31日

今月、中国のとある強い女性武道家が叩かれ、破門となった。彼女は人に

触れずに手を動かせば、相手が飛ばされてしまう。私もかつて、中国に住んで
いた頃はにたような人間を沢山見てきた。自分の師匠の馬岳梁師は確かに
人を触れずにでも彼の近くにいるとなんとなく重心が不安定になる。但し、
馬師は一日中、起きている間は殆ど太極拳の練習をする習慣があって、毎朝
5時には必ず起きる。勿論、例え馬師であっても信じない人が殆どだった。

自分も最初は信じて上げられなかった。多くの挑戦者が現れて負けては帰る。
ところで昨今の世界では武道大師や強い気功家が沢山現れたね。何故でしょうか。
人々は日々の仕事で疲れ、世に起きているいろいろな出来事に無関心になり、
世には当然のように様々な人間模様が現れる。
中国ではかつて、かなり「強い」気功家で上海で気を出していたらアメリカの患者さん

に届いたとか・・・。あの人の気が曲がるもののようだ。現在は彼がどこにいるのかは
誰も分からない。
でも、老子はこの様に考えていた「弱い人間は強く、柔らかいものがきっと硬いもの
に勝つ」一見、矛盾しているよね。私の認識はこうだ、恐らく、老子の言葉の中の
深い哲学はこうだ。弱いものというのは謙るものというふうに認識したほうが、いい

かもしれない。太極拳はその元となっている道教哲学と同じく、完璧になる日は
ない。毎日、絶えず絶えず練習するものだけが少し完璧に近付いていることは
間違いないだろう。

CATEGORIES & TAGS

旧 太極拳よもやま話, 未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Links


上海鑑泉太極拳社サイト(中国語)


フル・コム山田英司氏による「本物の武術家が集い、様々な武術が学べ、先生と生徒だけでなく、先生同士も交流できるような武術のコミュニケーションスペース」です。2017年10月よりこちらでも指導中です

今井秀実師(呉式太極拳六代目弟子)による恵比寿・自由が丘・浜松の教室です。


表演選手を多数輩出している北海道の武術団体です。2016年より沈剛会長が定期的に指導に赴いています


非常に熱心な研究会会員の方による練習記録のブログです


当研究会会員の方による鍼灸院です。武術・格闘をされている方にお薦めいたします